Voice・Love・Network

  • KIN-GIN-DO?
    隔週金曜更新のネットラジオはこちら!

いちや和希

カテゴリー

最近のトラックバック

iroiro探偵団SS

ラジオドラマショートストーリー

ラジオドラマ更新日なのでSS なのです・・・(のせ)

IROIRO探偵団うぇ〜ぶSS 4 藍紗

「黒衣の王子様」

お稽古事や、会食等の、上流階級特有の柵から解放される一日。

久方ぶりの休日。

休息。

そんな選択肢は私にはありませんでした。

行きたい場所がある。

会いたい人たちがいる。

思うよりも、考えるよりも早く、車を出させ、それに乗り込んでいました。

たった半年。

たかが半年。

知らない人はそういうでしょう。

私がどれほどこの日を待ちわびていたかも知らずに……

私がどれほど、あの方にお会いしたいか知らずに……

あの方を想うと、自然と笑みが零れ、胸が痛くなる。

あの方を想うと、心の中が優しく、暖かくなる。

「何でも探偵事務所」に向かう車の中で、見覚えのある通りが目に入る。

「あの場所は……」

誰に言うかでもなく、私は呟いた。

そして瞳を閉じる。

あの場所は、私とあの方が出会った場所。

私が、恋に落ちた場所…………

初めて一人で歩く庶民の街。

足取りは軽く、見る物全てが輝いて見えます。

誰にも内緒。

今頃屋敷では、私が居なくなったと大騒ぎしているでしょう。

慌ててる執事の顔を想像するだけで、笑いがこみ上げてきますわ。

ドンッ

肩に衝撃が走り、私は思わず尻もちをついてしまう。

品の無い格好の男が二人、私を見下ろしていた。

男の一人が肩をさすっている。

「ってーな」

「ぶつかってきたのはそっちでしょう! 痛いのは私の方ですわ。謝りなさい!!」

「んだと? てめーが謝れよ!」

スカートの汚れを払い、立ちあがる。

こんな男ども、怖くも何ともありませんわ!

「あなた方が謝りなさい」

私は静かに言い放ち、男どもを睨みつける。

「生意気な女だな」

「おい、こいつ結構可愛くねぇ?」

下卑た笑いを浮かべる男ども。

私の背筋に、嫌なモノが走る。

頭の中で警鐘がなった瞬間、もう手遅れでした。

男に手を掴まれた。

「っ!? お放しなさい!!」

力いっぱい振りほどくと、男を叩いてしまった。

あ、と思った時には遅く、男の瞳に怒りが宿る。

「ってめー」

殴られる。

身体が瞬時に判断し、私は半歩身を引いた。

それと同時に、黒い塊が私と男の間に割って入った。

黒い塊は、人でした。

少年とも少女ともとれるその風貌。

私を背で庇い、男の拳を受けていた。

「な、何だお前?」

「……」

「おい、こいつもやっちまおうぜ」

「……ふぅ」

黒い人が小さくため息を吐いたと同時に、男どもが黒い人に殴りかかる。

時間にして数秒。

まるで、美しい舞。

この私が引き込まれる程に、その方の戦いぶりは美しいものでした。

呼吸一つ乱さず、その方の舞は終わりました。

ゆっくりと、こちらに振り返る。

漆黒の髪が揺れる。

アッシュグレーと、漆黒の瞳が、不思議なオッド・アイが私を見つめていました。

「あ、あの……」

「怪我はない?」

「え、えぇ」

「そう」

「わ、私、助けてほしいなんて、その……言ってないですわよ」

「知ってる」

「え?」

「ボクが勝手にやっただけだから……」

「……」

「無事で、よかった……」

言って、静かな、微かな笑みを浮かべました。

何でしょう?

心臓が、ドキドキ言って、顔が熱いですわ。

背を向けたその方に、思わず私は声をかけた。

「あ、あの!」

「何?」

「お、お礼が……したい、ですわ……あの、貴方のお名前を…………」

「さぁね」

一瞬意地悪な笑みを浮かべ、その方は、黒衣の王子様は、私の前から姿を消した。

思い出すだけで、今もドキドキしてしまう。

私の大切な思い出。

今から会いに行きますわ。

私の黒衣の王子様…………

Cocolog_oekaki_2010_05_21_14_25

久しぶりのSS(のせ)

IROIRO探偵団うぇ〜ぶSS 3紅

「ダージリンとカンヤム・カンニャム」

『何でも探偵事務所』副所長室。
目の前の書類の山を一瞥し、紅はため息をついた。

終わらない事務仕事。
他のメンバーに手伝いを頼んだ事はある。
が、頼むんじゃなかった……そう思わずにはいられなかった程の働きぶりだった。

適材適所とはまったくもって便利な言葉だ。

一つ伸びをして、立ち上がる。
効率の悪いときは紅茶に限る。
副所長室を出ると、暢気な声が飛んでくる。

「紅さ〜ん。今ね、テレビ観てたんだけどね」

見習い探偵の真白が、ニコニコしながら、こちらを見ている。

「テレビ? 何か面白い番組でもやってた?」

言って、真白に柔らかく微笑みかける。

「ん〜っていうかね、めっちゃカッコイイ俳優さんが」

「カッコイイ!!?? 誰!? どれ!?」

先程の微笑みは何処へやら、画面を食い入る様に覗き込む紅。

「え、えっと……今CMだから、まだ……かな」

さすがの真白の笑顔も引き攣る。

「そう。早く観たいわ〜どんな人?」

「う〜ん。あたし、人の名前あんまり覚えられないから、名前は分かんないけど……20歳の若手実力派俳優だって!」

「…………20歳?」

「うん。20歳」

「なんだ年下か……じゃ、いいわ」

「……(何だろう。この変わりよう)」

と、若干引き気味の真白。

「年下はダメなの?」

「ダメ、絶っっっっっっ対ダメ!!!!」

「何で?」

「……大学の時の彼氏がね、年下だったのよ」

「ふ〜ん。何がダメだったの?」

「いい加減だし、時間は守らないし、だらしないし、何考えてるか全然分からないし、何時もフラフラしてて気付いたらいなくなってるし、ヘラヘラしてるし、他にも」

「あ、あの」

「何!」

「怖っ!? いや、えっと、その、ダメなのって、その人だけで」

「べ、別に、まるっきりダメって訳じゃないのよ……年下の割に頼れるとこもあったし、エスコートも下手じゃなかったし、顔もカッコよかったし、それに」

ふ〜ん、と相槌を打ったものの結局そうとう好きだったんだな、と真白は一人納得する。

「思えばあれからなのよね……男運が悪くなったのは」

「あ、それって、その人が運命の人だからじゃない?」

「大人はもっと複雑なのよ、真白ちゃん?」

とにかく、年下はダメなの。
と、言い残して台所に再び向かう。

飲み慣れている、ダージリンの茶葉を手に取る。ふと、もう一つの茶葉が目に入った。
『何でも探偵事務所』のアルバイト、黒のお気に入りのカンヤム・カンニャム。

そういえば、彼もこの珍しいこの茶葉が好きだった。
真白と話しをしたからか、想い出が少しずつ浮かび上がる。思わず想い出し笑い。
飲み慣れた茶葉を元に戻し、彼の好んだ茶葉を手に取る。

「たまには、こっち飲もうかな」

ウェブドラマ2話 (のせ)

IROIRO探偵団うぇ~ぶSS 2~黒~

「ボクがボクであるために」

ボクは何も望まない。

ボクは何も願わない。

何かを望む事は、

何かを願う事は、

決して悪い事じゃない。

それが力になり、前に進める人間(ひと)もいる。

ボクは、知っている。

けれど、留まる事が良い時があるのも、

ボクは知っている。

だから、僕は望まない。

ボクは願わない。

あの人との『誓い』を護る為に……

そして、ボクがボクである為に……

Cocolog_oekaki_2010_02_06_14_00

ウェブドラマ(のせ)

IROIRO探偵団うぇ~ぶSS 1~真白~

「始まりの始まり」

お気に入りの服を着て、お気に入りの靴を履いて、あたしは駅前のロータリーを駆け抜ける。

ワクワクして昨夜はよく眠れなかった。ずっとずっとこの日を夢に見ていた。

憧れが現実に変わる瞬間。それがもう目の前に来ている。嬉しくって嬉しくって、思わず頬が緩んじゃう。

時間はまだまだ余裕。約束の一時間前。けど、あたしは走る。ワクワクして、ウキウキして、歩いてなんかいられない。

「真白君、君みたいな有能な人材を待っていたんだ」

とか言われたらど~しよ!

何て事を思っていたら、見覚えのない道。

「あ、あれ? 走りすぎた!?」

慌ててカバンの中を引っ掻き回す。

「地図、地図~」

暫くフリーズ。

地図、家に置いて来ちゃった……どーしよ。

誰かいないかな? 交番とかないかな?

と、思ったら目の前におじいちゃん発見! 神様はあたしの味方なのね!!

「あ、あの! すみません」

「あ~? あんだって?」

「す・み・ま・せ・ん!!」

「そんな大きな声出さんでも聞こえとるよ」

「あ、ごめんなさい。道を聞きたいんですけど」

「何言っとるんじゃ。道端の草は食えんよ」

「は? 道を聞きたいんです」

「お? 道な。うんうんうん。何処じゃ?」

大丈夫かな? このおじいちゃん。不安だな。

「『南原探偵事務所』ってところなんですけど」

「探偵事務所……」

「知りませんか?」

「おーおー! 知っとるよ。ここ真ーッ直ぐ行ってな、二つ目の信号左に曲がったところにあるビルの2Fじゃよ」

「あ、ありがとうおじいちゃん!!」

「気ぃつけてな」

見送るおじいちゃんに手を振り、あたしはまた駆け出す。

一分でも、一秒でも早く。あたしの夢がもう直ぐ叶うから。

てれてれ歩いている女子高生も、おしゃべりしているおばさんたちも、眠そうなサラリーマンも、皆、皆追い抜いて、あたしは走る。

もう少し、もう少し。

あ、事務所って文字が見えた!

「よぉし! ラストスパートだ」

狭く急な階段を上って、チョコレート色の扉の前に立つ。

あ、身だしなみチェック……よし、OK。ドアノブに手を掛ける。あードキドキしてきた!!

深く深呼吸。だ、だ、だ、大丈夫。大丈夫。ここから、今、この瞬間から、あたしの夢が叶う。

にっこり笑って、ゆっくり頷いて、あたしは、あたしに言う。

「大丈夫」

そしてあたしは、扉を開いた。

~SS 1 完~

ウェブドラマ、第一話更新しましたhappy02聞いてください。

Cocolog_oekaki_2009_12_18_14_11

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ